美容のためのニードル脱毛とその後のパック

近年、美容意識の高い人多く、脱毛される方も増加傾向にあります。
永久脱毛の歴史をたどれば19世紀後半に初めて脱毛に成功した方法がニードル脱毛でした。それ以降も様々の方法の脱毛方法確率されてきましたが、以前脱毛の中で最も効果が高いといわれているのがニードル脱毛です。
効果の高い脱毛ということで、美容意識の高い人や芸能人の方などの間では、この脱毛方法を実行している方も少なくありません。
ニードル針は、チタンやゴールドゴールドで加工された針をいい、特殊なコーティングはされていませんがアレルギーや皮膚へのダメージを軽減する効果があります。
この脱毛のメリットは、確実に永久脱毛効果が得られることです。また、色素沈着を起こしている皮膚(脇やVIOライン)・埋没毛・バストトップぎりぎりのラインなどレーザー脱毛で対応しにくい部分への脱毛も可能なことです。このことが美容意識の高い人に指示される理由です。
デメリットとしては、痛みが強いことです。また、ある程度、毛を伸ばしておかないといけないことから、人目を気にするなら夏場に脱毛を受けることは難しいです。
ニードル脱毛の仕組みとして、毛1本1本の毛穴に細い金属針を刺し、高周波や弱い電気を流して、毛穴をはじめその他の組織を破壊し二度と生えてこないようにします。
そのため、脱毛後1週間程度は肌に赤みがみられることや腫れがみられることがあります。脱毛直後はアイスパックなどで毛部分を冷やす、赤みのあるうちは直射日光を避ける、当日の入浴や飲酒は避けるなどの注意が必要になってきます。
脱毛直後は、肌が火傷と同じような状態となっているため、アイスパックで冷やすなど、アフターケアをしっかり行うことが大切です。
ニードル脱毛を行う場合、脱毛だけ気に掛けるのではなく、その後のパックなども気にかけてください。